偽物のCHANEL中古ブランドバッグを見極める簡単なポイント

CHANELの中古ブランドバッグは、高い人気を獲得している特徴を持っています。しかし高い人気を獲得している反面、CHANELの中古ブランドバッグは多くの偽物が流通している状況です。そこでCHANELの中古ブランドバッグが偽物なのかどうか見極めるポイントを解説していきます。

ブランドの刻印が雑になっているのが特徴

購入しようと検討しているCHANELの中古ブランドバッグが本物なのか見極めるポイントとして、ブランドの刻印に注目することが必要です。CHANELという刻印がはっきりと印刷されている場合は、本物の可能性が極めて高いです。

逆に偽物はCHANELの刻印がいい加減になっており、かなり雑になっているのが特徴です。あまりCHANELの中古ブランドバッグに詳しくない方も刻印を見れば、ある程度見極めることができます。

縫製が雑になっているのも見極めるポイント

本物は縫製が丁寧に実施されているので、糸飛びが発生していないだけではなく、糸が表面に出ていないです。しかし偽物は縫製が雑に行われており、糸飛びが発生しているケースがほとんどです。

その他にも縫い合わせの部分がかなり雑になっているため、本物と偽物の違いは一目瞭然です。簡単にCHANELの中古ブランドバッグが本物なのかどうか見極めることができるので、縫製や縫い合わせをよく確認してもらいたいです。

まとめ

中古でも念願のCHANELブランドバッグを入手できても偽物だった場合、大きなショックが発生してしまいます。また偽物は買取不可能なので、経済的な負担も大きいです。CHANELの中古ブランドバッグの偽物を入手しない為にもブランドの刻印や縫製が雑になっているのか判断しなくてはいけません。

高度な知識を持っていなくても本物と偽物では、かなり違いが発生しています。簡単に見極めることができるので、CHANELの中古ブランドバッグを購入する時は本物なのか判断しなくてはいけません。